最近のトラックバック

« 2008年度卒業研究発表会を終えて | トップページ | パラグアイ国会表彰ならびに名誉博士号を頂きましたのでご報告申し上げます。 »

「延長したくない!」3歳11か月

2009年5月21日の朝、
シオン:「ママ、きょうはえんちょう、したくない」
ママ:「延長は嫌なの?」
シオン:「・・・」

彼は保育園にいる時間が一番長い。朝7時には保育園に「一番乗り~」と到着し、20時の延長ぎりぎりまで保育園にいる。
保育園の先生たちは教育者として大変立派で、彼はかなり早い時期から、保育園が大好きな子どもになった。特に、3歳児になってからは延長が少なく、保育ママ(横浜市の保育制度に登録している方)の時間が多いと嫌だと主張する。同年代の子どもたちと遊びたいのだろう。
しかし、今日は延長をしたくないとダダを捏ねる。
ここは一つ、彼のためにがんばって仕事を終わらせよう。

ママ:「じゃあ、19時には迎えに行くね」
シオン:「いやだ、もっと早く。3時とか4時に」
ママ:「それは無理なんだよ~。本当にごめんね。でも、がんばって19時には必ず行くから、指きりゲンマン!」
シオン:「わかった・・・」

母は時間になると仕事を一旦放り出し(あ~あ)、19時丁度に保育園にやっとこさで到着。ふ~、シオン喜んでくれるかな(ウキウキ)!
彼のいる組の前に到着すると、緑色の(ピーターパンと子どもたちが呼んでいる)服と帽子を被ったシオンにばったり。

ママ:「シオン~、約束通りお迎えにきたよ♪♪」
シオン:「ママ、お迎え早い!きらい!」と言って彼は駆け出し、隣の部屋でピーターパンの緑の帽子を投げ捨てて壁にぶつけ、大きな涙をポロポロと流しだした。そして、大声で泣き出した。
ママ:「あれ~、ママ、お約束守ったんだけれど。どうしよう、じゃあ、もうちょっとしてから来るから、ピーターパン、踊ってくる?」
シオン:「ママ、きらい、あっち行ってて、踊っているの見ないで、2階に行ってて」と大泣き。
ママ:「わかった、シオン、じゃあ、ママ、あとでまた来るからね、ほらほら、踊っておいで」
と私は彼をなだめすかし、中途半端な仕事を少しでも進めるため、先生に事情を話し一旦保育園を後にした。

19時45分に再び園に

保育園の扉を開けるや否や、この世の終わりのような声で、大きな保育園中に響き渡る声で泣き叫ぶシオンの声がほら穴(子どもたちの大好きな空間)から聞こえてきた。もしやと思いのぞいてみると、やはり彼は先生と一緒にほら穴にいた。
シオン:「ママ、ひっく、なんでいなくなったの、ひっく」
ママ:「だって、ピーターパンを踊ってたから」
シオン:「でも、だってぼく、2階で待っててて言ったよ、ひっく」
ママ:「ごめんね、忘れ物もしちゃったし。」
園の先生:「彼はなんで保育園からママがいなくなったか、ちゃんとわかってますよ(笑笑)。そうだよね、シオンくん。」
シオン:「ママが、ひっく、お迎えにきてくれたのに、ひっく、シオンが、ひっく、かえりの、ひっく、おしたく、ひっく、しなかったから、ひっく。」
園の先生:「しおんくん、ママがお迎えにきたらどうするんだっけ?(笑笑)」
シオン:「ひっく、ピーターパンの、ひっく、おどりを、ひっく、やめて、ひっく、おしたくするの」

ピーターパンを踊り終わった19時20分頃、ママがいないことに気づき、それからずっと大泣きだったとのこと。
あれれ~、ごめんね。大好きなお友達が延長にいたから、そのお友達と踊りたいのかなと思ったんだ。


翌日シオンは先生に向かって:「今日は○▽先生がピーターパンの踊りを踊ってね、って言っても、僕はママが来たら帰るからね?いい?」と説明したそうだ。
園の先生:「昨日のことがよっぽと懲りたようですね、今日は先生に頼まれても踊らないからね」と言ってましたよ(笑笑)。


子どもの主張を的確に読み取りたいと思うものの、どうしても仕事の都合、大人の都合で色々な判断をしてしまう。
彼は、母は2階で待ってくれているものと思っていたようだ。彼のテリトリーの中に保護者がいれば安心。しかし、大好きなお友達と踊っているのを母に見られるのは恥ずかしい、ということだったのだろう。シオン、ごめんね。
彼が親に求める距離が確実に変化している。はじめは密着、少し前までは、彼の目の届く範囲だった。しかし、最近は彼のテリトリーは、例えば、家の中や保育園の中などである。そこに親が居れば安心ということなのだ。彼と過ごす時間は大切にしたい。彼が少しずつではあるが親から離れているのもわかる。子どもが親を必要とする時間もあと10年ぐらいなのだろうか?成長している彼の気持ちや希望をきちんと読み取るためにも、そしてシオンと過ごす時間を大切にするためにも、もうすこし子どもの目線に立たなければならないなと反省。

UP:2009/05/21

« 2008年度卒業研究発表会を終えて | トップページ | パラグアイ国会表彰ならびに名誉博士号を頂きましたのでご報告申し上げます。 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/539744/29750920

この記事へのトラックバック一覧です: 「延長したくない!」3歳11か月:

« 2008年度卒業研究発表会を終えて | トップページ | パラグアイ国会表彰ならびに名誉博士号を頂きましたのでご報告申し上げます。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ