最近のトラックバック

« 戸籍の翻訳を通して考えたこと | トップページ | 国際理解教育ひろば「ジェンダーと開発について地球市民として考える」~梅干しからはじまった国際協力~ »

3歳6ケ月の息子の小児科医への直訴

3歳6ケ月の息子の小児科医への直訴

2008年12月26日、楽しいクリスマスも終わりました。今日はインフルエンザ2回目の接種に行かねば。
大学から車を飛ばして保育園に迎えに行くと、シオンは楽しそうに遊んでいた。大好きなマーくんもいた。
なんとか、うまく気持ちを乗せて、Y小児科に向かうために、「今日は外食しようね」と平日にはやったことのないことを口走ってしまった。しかし、逆効果となり、「マーくんと食事に行く」と大泣き。

車に乗っても、シオンは「マーくんと食事に行く~」
ママ:「今度ね~」
シオン:「今度じゃだめ~」とひきつけを起こしそうになるほど泣きじゃくる。この頑固さは一体誰に似たのだろう。しかし、ここで怒ってはいけない。
その後の辛い注射までこぎ着けなければ、これまでの苦労(インフルエンザの予約、1回目の接種成功、仕事のやりくりなどなど)が全て水の泡。車の中でなだめすかし、保育園の延長保育の園児たちが全員帰る頃、やっとシオンは気持ちを立て直した。は~、この間約40分。子育ては忍耐である。

Y小児科の方面に車で向かうと、「この道を曲がるとY小児科なんだよね~」と得意げなシオン。
本当に道を曲がったので、「どうして、ここをまがるの~」と不安な顔。「もしかして、ちゅうしゃじゃないよね・・・」とシオン。

嘘をついてはいけないので、「風邪が流行っているから、風邪のバイ菌がいないか、検査に行こうね~」と私。
その途端に「びょういんいかない~」と大泣き。泣き方も半端ではない。そこをなだめ、すかし、なんとか病院へ。

待合室で待つこと、半時間。その間は流石に小児科、子どもの喜ぶおもちゃがあるので、シオンはご機嫌。
しかし、「シオンさーん」と呼ばれると、硬直し、中待合室から何度も脱出を試みる。「ママ~、トイレ~」、「ママ~XX」。

Y先生が「シオンくーん」と呼ぶと、脱走しようとしたが、突如踵を返し、カーテンをくぐり、Y先生に向かって突撃。
シオン:「きょう、ちゅうしゃしないでしょ。ちゅうしゃしないよね。ちゅうしゃしないよね。ちゅうしゃしないでね」と、両手を握り拳にして、肩を怒らせて、Y先生に向かって直訴ときたもんだ。

いつからこんなに「立派」に直訴ができるようになったのかなぁ。その後のものすごい抵抗も、医者と看護師と母に押さえ込まれ、2回目のインフルエンザの注射、無事クリア。

「直訴」から日々の成長を喜ぶ、親ばかです。

UP:2008/12/29

« 戸籍の翻訳を通して考えたこと | トップページ | 国際理解教育ひろば「ジェンダーと開発について地球市民として考える」~梅干しからはじまった国際協力~ »

コメント

こんにちは
仕事先の病院は小児科もあるのですが(産婦人科に小児科どちらも絶滅危惧種)毎回、地獄絵図ですよ・・・。あれだけ泣き声の止まない所ってないですね。ちなみに私は「男の子なのに大泣きしたらカッコ悪いよね~」とプライドを刺激されて注射が終わるまで耐えたそうです。終わったら泣いたそうですが・・・。crying

Nさま、
小児科は地獄絵、なるほど・・・。本当に産婦人科医や小児科医の数が減ることは大きな社会問題ですよね。もっと福祉に力を入れてほしいものです・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/539744/26569374

この記事へのトラックバック一覧です: 3歳6ケ月の息子の小児科医への直訴:

« 戸籍の翻訳を通して考えたこと | トップページ | 国際理解教育ひろば「ジェンダーと開発について地球市民として考える」~梅干しからはじまった国際協力~ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ